制作には、修正回数がございます

修正3回、数回まで、数回前後までなどのお見積記載またはご案内がございます。

修正のご指示は、伝えずらい部分も多数あると思います。そのような中で、効率化にご協力をありがとうございます。お電話ですと、外出時や打合せ時でメモが取れない場合がございますので、記録が残るメール、FAX、写メなどでのご指示が助かります。電話でないとお伝えしにくいニュアンスがございましたらお電話で伺います。

第一回目の修正

初回の校正、修正指示で、できる限り、全ての修正をまとめてご指示ください。画像も、掲載する画像を選んでからどこのページに何番の画像を掲載するかをご指示ください。後から差し替えが多くなることがあり、初めから指定していただくようお願いしております。

第2回目以降の修正

第2回目以降の修正は、1回目の修正が正しく直っているかの確認となります。

しかし、「伝え忘れていた」「送るのを忘れていた」「弊社の提案で作った案を変えて欲しい」などの修正は料金内でお受けいたします。

「新たに追加で修正をお願いしたい」場合は、別途料金となる場合がございます。
レイアウトなど大幅な修正や大量の修正(文書や画像差し替え全体の直しの作業量が見積工程数や内容を超える場合は別途とさせていただくご相談をさせていただきます)

回数に関係なく以下は修正いたします

弊社のミスや理解の違いによる修正は料金内とさせていただきます。

印刷にOKを出す前に

正式名称、数字、URL、漢字、ページ番号、ずれているところはないか、変なものが配置されていないか、画像が合っているかなどご確認ください。

印刷OK(校了)後

印刷OK(校了)後は、すぐに印刷に入ってしまいますので、修正ができません。ご注意くださいませ。
お客様側でミスが見つかり、再度印刷となった場合も、弊社では料金を別途とさせていただきます(特別価格での相談となります)

 

(2018.10.1改定)